瞳を見れば思い出す

ぷあまなスクール主宰、川島由美です。7日からスタートした「存在の層セミナー」も、今日で三日目になりました。

一日目も、二日目も濃厚な時間を過ごしていますが、本当にあっという間です。

今日はクリスタルレイアウトの演習をしました。クリスタルレイアウトとは、石を体の周りやチャクラに並べて、時空間を超えていく体験です。手には、丸い形のクリスタルを両手に持ち、横たわってプラクティショナーからの誘導を受けて、無意識からの情報を体感的に受け取っていきます。

「レインボーチルドレン」のクラスでは、たくさんの石を使いますが、存在の層や「アニマル」のクラスでは、第三の目=サードアイに乗せて、両手に石を持つというシンプルな方法での体験になります。

 

 みなさんは、ご自身でいわゆる前世や過去生についての情報を、感じられたことはありますか?

私も大好きな映画『君の名は』でも、前前前世という曲がありますが、みなさんは前世って信じられますか?

今日のクリスタルレイアウトでは、ある女性のとても穏やかで愛に満ちた人生を、ご自身で石のサポートにより思い出していくことが出来ました。でも、子育てに関することに不満を持ったまま、その人生を終えるというストーリーでした。その後、みなさんとおしゃべりしていると、インスピレーションがあり、その続きのセッションを私が今度は通常のシータヒーリングで働きかけていく流れになりました。

リラックスして目を閉じていただき、シータ波の状態にどんどん深まっていくと、先ほどのビジョンを見始めているのが、私にも伝わってきました。そして、こう尋ねたのです。

「その人生でのパートナーである夫の目を見ることはできますか?」と。静かに「はい。」とプラクティショナーさんはうなづきました。そして私が、「その目をじっと見詰めてください。それは、あなたが知っている今のご主人、その人ですか?」と問いかけました。

短い時間が流れて、私にも他のプラクティショナーさんにも、感情の波がどーんと伝わってくるのが分かります。涙を流しているのは、深い絆や愛情を思い出しているからなのでしょう。一瞬、エネルギーや空気感が大きく変容したのちにセッションを終え、今のこの時空間に戻ってきました。

柔らかなロマンティックなエネルギーが流れていて、私も他のプラクティショナーさんも、自分のことではないのにもかかわらず、とても感動いたしました。

 

目は魂の窓です、とシータヒーリング創始者のヴァイアナさんは言っていますが、瞳を見れば分かるものなのですね。

実際のご夫婦の関係はどうかと言えば、もっとお互いに理解し合って、修正することがまだまだある、と感じていたご夫婦だったかもしれません。でも、もしもそれが別の時空間でのちょっとした、未解決の問題が影響していたのならば、今世ではただただ良い関係を作りたいと、切に願っていたのだということがご自身でも腑に落ちていたようでした。

 

存在の層の中で、ディバイン・ライフ・パートナーについてのお話が出てきます。どんな風に神聖なパートナーなのか、というとシータヒーラーにはお馴染みの「ディバイン・タイミング」の構想を共有し、同じディバイン・タイミングを一緒に迎えるパートナーを持つ人たちもいる、というお話です。(ディバイン・タイミングとは、簡単にいうとこの人生で達成すると決めて生まれてきた使命や経験、といった意味。)私は、昨夜このご夫婦は、普通のソウルメイト(魂の伴侶)ではなく、ディバイン・ライフ・パートナーだ、という直観を得たので、ご本人にもそのことをお伝えしていました。

でも、今日のクリスタルレイアウトの体験の結果、ご自身でも実感し涙を流されていたのだと思います。ご主人からの、大きくて深い、真実の愛を実感された瞬間だったように感じました。

 

来週の19日に「ソウルメイトセミナー」のご希望をいただき、開催することになりました。このときに、この素晴らしいディバイン・ライフ・パートナーについて、そしてディバイン・タイミングについて、みなさんと分かち合うつもりでいます。もうすでに、ご受講済みの方でもきっと、よりパートナーとの関係性がどんな風に自分の生きる道と関わりあっているのか、理解が深まることと思います。また、今回は男性のプラクティショナーさんからのご依頼での開催ですので、ぜひ男性の方々にもこのパートナーとの関係性という、奥深いテーマに取り組んでいただきたいと願っています!

男性にとっても、女性にとっても、人生の目的や役割、使命といったことについて、分かっているようで明確につかめていない、そう感じていらっしゃる方に強くお勧めしたいクラスです。自分一人で今世でのミッションを全うすることと、再会すると決めてきたパートナーと共に歩みながら、ミッションを達成していくのとでは道のりに大きな違いがあるはずです。

明日は、存在の層最終日、十二分に楽しみます。