PUA MANA主宰  川島由美

 

シータヒーリング®サイエンス&マスター認定インストラクター

 

ヴァイアナのシータヒーリング®プラクティショナー  

 

 個人カウンセリングやセミナー講師をメインに活動しています。

 企業に勤務していた30代半ばを迎えた頃に体の不調から、カウンセリングを学び始めたことをきっかけに転職し、

公的機関のキャリアコンサルタントとして、多数の方のお話をお聴きするという経験をしました。

 

心身共に悩みを抱えている方々と接するうちに、自分自身の人生を省みる時間が必要でした。

ちょうどそんな頃、オーラソーマのティーチャーの方から、瞑想のクラスを受講する機会を得ました。

 

 

その経験をきっかけに日々瞑想を始め、西インドにある、OSHO Meditaition Resortで瞑想法や呼吸法のコースに参加し、自分自身とは何か、探求し始めました。
その後多くの出会いと導きにより素晴らしい先生方から、オーラソーマにとどまらず、マッサージのクラスや、OSHO禅タロット等を学ぶ機会を得て、さらなる自己の内面への気づきを深めてきました。

 

40代で偶然シータヒーリングを知り、驚くべき体験が続きました。

2009年からシータヒーリングのセミナーの受講を始め、2010年夏に、米国アイダホフォールズに2ヶ月以上滞在し学びを終えてThetaHealing Insutitute of Knowlegde® でシータヒーリングサイエンスの認定を受けました。

 

 

これまで人の心に焦点を合わせ、自己を深く探求していきたいと望む皆様のサポートを中心に、2010年に開業いたしました。

2019年からは、人の心身に働きかけるだけでなく、ペットと飼い主さんとの関係・ペットの癒しについても、尽力できたらと感じ、新たな一歩を踏み出しました。

 

私自身、長年複数の猫たちを保護してきたこと、また昨年初めて子犬を育て、海外に連れて行った際に何度も病気になってしまい、大変な思いをした体験から、ペットと飼い主さんの力になれたらという思いを強く致しました。

動物たちは共に過ごす家族として、人間にとって癒しの存在ですが、動物たちはまた、「天性のヒーラー」ともいわれています。

なぜなら、猫たちも犬たちも飼い主に寄り添いそばにいる事で、飼い主である人間を無条件に癒すいきものだからです。

人が病気になった時も、対処的な治療だけに留まらず、根本的な要因、例えばストレスや環境面を変える、十分な休息、などにより心身の回復に向かう事が多くあります。

病気を繰り返す動物たちの場合は、飼い主さんと暮らしている環境を変える事は出来ませんが、飼い主さん自身の健康な心や体を保つ事で、影響を無くすことが可能になるのです。

私自身の経験からも、動物たちが病気になってしまうのは、自分のせいではないか?と悔やんだことも多々ありました。しかし、悔やんだとしても何の改善にもつながる事はありません。

共に暮らす人間たちが、本来の活き活きとしたエネルギーを取り戻し、望む人生に向かって前に進んでいくことが、ペットたちのハッピーにもつながるのです。

そんな、飼い主さんとペットたちの「心の架け橋」となるべく、得意とするサイキックリーディングや透視能力を使って、必要なケアのお手伝いをしていくことが、私の役割の一つと感じています。

 

 

《取得資格》

●米国にて:ヴァイアナのシータヒーリング®インストラクター/サイエンス認定

●国内にて:アクセス・バーズ®プラクティショナー

クリスタルリモートビューイングプラクティショナー/クリスタルヒーリングレベルⅠプラクティショナー

ライトボディアクティベーションプラクティショナー/レムリアンヒーリングプラクティショナー

ワンネスブレッシングディクシャ ギバー

●その他:

産業カウンセラー/キャリアコンサルタント/小学校教員免許

 

 

プライベートでは、埼玉での保護猫たちとの生活と米国での柴犬とのデュアルライフがはじまり、動物との深い繋がりやアニマルケアについても勉強中です。