ディバインの絆を深める

ワンネスディクシャの会に、ひさしぶりに参加してきました。

 

たまたま、会場が東大宮で近くだったのと

 

数年前に一度、小平でのイベントに参加させていただいていた

 

上級トレーナーのクミちゃんがいらっしゃる、という

 

ワークショッだったので、なんだかピンときて


前日に急に!お願いしたのでした。


 

以下、ワンネスの上級トレーナーのクミちゃんのブログより転載・・・

 

 A, あなたの人生の中でのディバインの存在に気づく: 
 B, 情熱 
 C, 許し
 D, 許しを請うこと
 E, 人間関係
 一番親しい人間関係を選び、その人間関係の中でディバインとつながります。

 F, 神聖さ
 G, 感謝
 感謝とは、もっとも高次の気持です。あなたが感謝を表現すればするほど、
 あなたはさらに自分のディバインへ近づき、人生に奇跡がたくさんやってくるようになります。
 感謝が多いほど恩寵が増えるのです。

 そして、ディバインを讃える儀式を行います。
 ディバインの神殿をハートに作る。

転載ここまで・・・



この、ディバインのワークショップに参加するのは、

もちろん初めてでしたが、4時間弱で説明を聞きながら

インドの儀式や瞑想や、シェアの時間もあって、盛りだくさんな内容でした♪



資料と一緒に、与えられたテーマについて熟考する時間があって

自分が一番気になるところでいいですよ、

とのことだったので、私はAの自分自身の人生を

振り返ってみることにしました。



どんな時に、ディバインの力が働いていたのか、ひとつひとつ

思い出して、その時の気持ちを感じて、目を閉じていました。

すると、こころの奥で

『色々あったけど、生きてきて良かった』

と、安堵するような感覚が拡がっていきました。



瞑想の後半では、30年以上前に亡くなった、父方の祖母が

ふいに思い出され、祖母の匂いがしたような

懐かしさが込み上げて、うっすらと涙がにじんできました。

それは、とてもあったかい感覚で、家族を

見守っていてくれているような、気がして

ほっとしたのかもしれません。




ちょうど、先週父が顔面神経の急性の麻痺が出て

実家に行くことがありました。

先月にも父が原因不明のひどい貧血になり、3週間も入院したこともあって

なんとなく、おばあちゃんも心配してくれてたのかな、

そんなことをぼんやりと感じていました。




ディクシャのエネルギーも、また会場の築50年以上というお宅の

たたずまいも心地よく、心の澱のようなものがさらさらと流れていって

帰り道はとても清々しい気持ちで過ごすことができました。



このイベントは、ワンネスディクシャのギバー(二日間のコースを受けた人)以外でも

参加が可能だそうです。

気になる方は、上記リンク先の上級トレーナークミちゃんまで

お問い合わせしてみてくださいね。